St Feuillien Grand Cru サンフーヤン醸造所 ベルギー 【ビール】

St Feuillien Grand Cru (サンフーヤン グランクリュ) 【ビール】 
醸造所:Brasserie St-Feuillien (サンフーヤン醸造所) 
原産国:ベルギー 

・1950年から醸造を開始した醸造所、ブリュッセルの南西、ル・ルゥという小さな町の中心部に醸造所があるとのことです。
8本目は、サンフーヤン グランクリュ。グランクリュ(最上級品)の名を持つベルジャン・ストロングエール。

■アロマ(香):爽やかなアロマ。フルーティさとスパイシーさを兼ね備えた華やかな香り。
■カラー(色):淡色のブロンド。綺麗な色合いです。
■テイスト(味):口に含むとベルジャン特有の吟醸香、豊かでふくよかな甘味とフルーティなフレーバーが素晴らしい。
後からスパイシーなフレーバー、長い余韻。

飲み進むと柔らかな味わいに変化、グランクリュの名が相応しい味わいです。
素晴らしい!!

画像


原産国:ベルギー
醸造所:Brasserie St-Feuillien (サンフーヤン醸造所)
銘柄:St Feuillien Grand Cru (サンフーヤン グランクリュ)
品名:ビール
原材料:麦芽、ホップ、糖類
アルコール度数:9.5%
スタイル:ベルジャン・ストロングエール
容量:330ml
WEB:http://www.st-feuillien.com/
RateBeer:http://www.ratebeer.com/brewers/brasserie-st-feuillien--friart/418/


サンフーヤン グランクリュ 9.5% / 330ml
■ブリュッセルを代表する銘柄の一つで、日本国内でも人気のある銘柄の一つであるサンフーヤン醸造所の新商品!
女性オーナーであるドミニク女史イチオシの自信作だけあって紛れもなくグランクリュの名に恥じない最高品質の逸品です。
アップルシャーベット、パイナップル、レモンといった華やかなフルーツフレーバーにカモミールなどのハーバルな香りもあり気品を感じます。適度な細かいカーボネーションが心地よく、口に含むとふわっと広がる優しい口当たりで、同時にモルトのアロマが広がります。味わいはゴールデン・フィールドが脳裏に浮かぶほどモルトの印象が強く、とうもろこしのような甘く芳ばしいニュアンスも。
黄金のイメージの中にもしっかりと苦味とハービィなアロマ、適度な酸味があり秀逸なバランス。


 
楽天(酒のやまいち):サンフーヤン グランクリュ

サンフーヤン グランクリュ
Yahoo!(酒のやまいち):サンフーヤン グランクリュ


【関連記事】
・St Feuillien Black Saison サンフーヤン醸造所 ベルギー 【ビール】
 : http://xeno.at.webry.info/201302/article_8.html
・Grisette Fruits des Bois サンフーヤン醸造所 ベルギー 【ビール】
 : http://xeno.at.webry.info/201301/article_65.html
・St Feuillien Triple サンフーヤン醸造所 ベルギー 【ビール】
 : http://xeno.at.webry.info/201301/article_38.html
・St Feuillien Blonde サンフーヤン醸造所 ベルギー 【ビール】
 : http://xeno.at.webry.info/201212/article_80.html
・St Feuillien Saison サンフーヤン醸造所 ベルギー 【ビール】
 : http://xeno.at.webry.info/201212/article_63.html
・Grisette Blanche サンフーヤン醸造所 ベルギー 【ビール】
 : http://xeno.at.webry.info/201112/article_47.html
・Cuvee de Noel St. Feuillien サン・フイヤン醸造所 ベルギー 【ビール】
 : http://xeno.at.webry.info/200812/article_23.html



【BEER】【ビール】【ベルギー】【Brasserie St-Feuillien】【サン・フイヤン】【サンフィーヤン】
(P.00248 , No.004956)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック