テーマ:

瀕死の双六問屋 完全版 忌野清志郎 新人物往来社 【本】

瀕死の双六問屋 完全版 【本】  忌野清志郎 著  新人物往来社   2012年3月発刊  ・2000年に発刊され、その後絶版となった「瀕死の双六問屋」の完全版。 TV Bros.に連載(1998年11月~2001年4月)されていた全編を収録。また、この本を買わないと手に入らないCDに4曲が収録されています。 ブログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっとワインが好きになる 必携Wine好きノート 花崎一夫 小学館 【本】

もっとワインが好きになる 必携Wine好きノート 【本】  著者:花崎一夫  出版社:小学館  1999年1月1日発刊  ・ワインを飲み始めましたが、バックボーンが無くいまいち楽しくない? 少しワインの知識を付けようと、アマゾンのレビューを参考に購入しました。 発刊が10年以上前なので情報の古さは仕方がないのですが、基本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極上のビールが飲める100店舗 エンターブレイン 【本】

極上のビールが飲める100店舗 【本】  激旨シリーズ   出版社:エンターブレイン  2009年7月21日発刊  ・首都圏のビアパブ100店舗を紹介している本。 形態に便利なサイズで内容もかなり良いです。各店見開きでお店の特徴や料理なども紹介していて使いやすい本との印象です。 お店を探すだけならネットでも十分なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE BURGER MAP 首都圏版 松原好秀/新井由己 幹書房 【本】

THE BURGER MAP 首都圏版 (ザ・バーガーマップ 首都圏版) 【本】  監修・執筆:松原好秀/撮影・執筆:新井由己  幹書房  2010年7月24日発刊  ・ハンバーガーストリート松原さんによる「THE BURGER MAP 首都圏版」発刊、祝!!商業出版! 24日発売ですが本日20日にAmazonより届きまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文藝別冊 忌野清志郎 デビュー40周年記念号 河出書房新社 【本】

文藝別冊 忌野清志郎 デビュー40周年記念号 【本】  KAWADE夢ムック  河出書房新社   2010年3月発刊  ・デビュー40周年記念号。過去の対談や40周年記念での仲間達からの文章が綴られています。 特にリンコさんからの文章には感慨深い物があり、忌野清志郎はまたRCをやりたかっただなぁと・・・無念です。 チャボ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

饒舌の思想 開高 健 筑摩書房 【本】

饒舌の思想 【本】  開高 健 著  筑摩書房(ちくま文庫)  2009年12月発刊  ・1966年に発刊された物の復刻。 世界中を見聞きしてきた開高健氏の言葉を通して、当時の状況がよく分かる本です。 Xenoには少々重い内容で読むのに時間がかかってしまいましたが、十分に楽しめました。 【目次】 ・サイゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああ。二十五年 開高健 光文社文庫 【本】

ああ。二十五年 【本】  (開高健エッセイ選集)  開高健 著  光文社文庫  2009年12月発刊  ・潮出版から1983年7月に出版された「ああ。二十五年」を底本として抜粋再構成されたのが本書。 読むのは初めてですが、だいたいは読んだことがある内容、しかし良いエッセイが選ばれているだけあって読み応えは十分でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

われらの獲物は、一滴の光り 開高健 KKロングセラーズ 【本】

われらの獲物は、一滴の光り 【本】  開高健 著  谷沢永一、山野博史 編  開高健 KKロングセラーズ  2009年10月発刊  ・初収録のエッセイ18編を載せた本、それだけでは本とならなかったのか、47編を加えた物。 開高健の文章を読むことが出来るのはこの上ない喜びです。 できれば、ソフトカバーで読みたかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼ある花々/開口一番 開高健 光文社文庫 【本】

眼ある花々/開口一番 【本】  (開高健エッセイ選集)  開高健 著  光文社文庫  2009年10月発刊  ・この本は「眼ある花々」(中央公論社:1975/1)、「開口一番」(新潮社:1984/2)の2冊を元に編集された本。 開口一番は新潮文庫のものを持っていて読んだことがあるのですが、眼ある花々は初めて読むことが出来…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

白いページ 開高健 光文社文庫 【本】

白いページ 【本】  (開高健エッセイ選集)  開高健 著  光文社文庫  2009年8月発刊  ・この本も探していた本でした。 雑誌に連載されていたエッセイがよみがえりました。ひとつひとつの文章に開高健の魂が感じられます。 ほとんどの文章を読んでいますが、こうして新しい文章を読むのは久しぶりです。焼き直しの節もありま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

地を這う魚 ひでおの青春日記 吾妻ひでお 角川グループパブリッシング 【本】

地を這う魚 ひでおの青春日記  吾妻ひでお 著  角川グループパブリッシング  2009年3月発刊  ・題名どおり、漫画で綴った自身の青春日記。 失踪日記とは違った意味で、吾妻ひでおの本領が発揮されています。コマの全てに不条理な生物が書き込まれています。このような漫画を書けるのは吾妻ひでお意外にはこの世に存在しないと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家でも店でも 極上のビールを飲もう! エンターブレインムック 【本】

家でも店でも 極上のビールを飲もう! 【本】  エンターブレインムック  出版社:エンターブレイン  2009年6月30日  ・地域にターゲットを当てた世界のビール、日本の地ビールの紹介記事。 また、ビアパブ37店舗の紹介、これはためになりました。 さっそく何件かは行ってみたいと思います。 コラムも楽しめる内容になって…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

みんなの忌野清志郎 東京ニュース通信社 【雑誌】

みんなの忌野清志郎 【雑誌】  TV Bros.臨時増刊  東京ニュース通信社  2009年8月発刊  ・コンビニで見つけて購入しました。 忌野清志郎の追悼本はかなり種類が出ました。まだまだ出るようです。 永久保存版と有る割には、紙質は悪いです・・・300円。 「瀕死の双六問屋」や対談など、載っている記事は興味深…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

HAMBURGER STREET 創刊号 2009/07/26 【雑誌】

HAMBURGER STREET 創刊号 【雑誌】  HAMBURGER STREET(ハンバーガーストリート)  http://blogs.dion.ne.jp/nakoi_h9/  2009年7月26日発刊  ・本日、HAMBURGER STREET 創刊号発刊(発送の関係で遅れるお店も有ると思いますが、今週中には「全国…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

忌野清志郎1951-2009 ROCKIN’ON JAPAN 特別号 【本】

ROCKIN’ON JAPAN 特別号 忌野清志郎1951-2009 【本】  ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング オン)  2009年6月発刊  ・忌野清志郎の追悼本。 この本を超える追悼本は存在しないし、これからも出ることは無いのでないでしょうか? 過去の記事からのロング・インタビューは当時読んだ記事でしたが、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

世界のビール案内 マイケル・ジャクソン 晶文社出版 【本】

世界のビール案内 【本】  マイケル・ジャクソン 著 / 巽かおり 訳  晶文社出版  1998年4月発刊  ・ビール界の巨匠、マイケル・ジャクソン氏の本です。 基本的なビールの知識から、世界各国のビールについて国別の解説が載っています。 今回この本を購入したのは、マイケル・ジャクソン氏の本ということもありますが、国別の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

野に憩う魚と遊ぶパスポート バスフィッシング ヒロ内藤 つり人社 【本】

野に憩う魚と遊ぶパスポート バスフィッシング 【本】  ヒロ内藤 著  つり人社  2009年6月1日 発刊  ・ついに発売された、ヒロ内藤さんの本!! 内容は入門書よりも基本書を目指したとの内容から、その通りの本になっています。 バスの生態からロッド、リール、ルアー・・・、フィールド、シーズナルパターンなど。DVDシリ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

片隅の迷路 開高健 創元推理文庫 【本】

片隅の迷路 【本】  (THE MAZE IN A CORNER)  開高健 著  創元推理文庫/東京創元社  2009年4月発刊  ・実際の冤罪事件をモデルにした長編小説。 これだけの長編は開高健氏にしては珍しい作品とも言えると思います。著者の文章力もさることながら迫力のある作品で一気に読んでしまいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人とこの世界 開高 健 筑摩書房 【本】

人とこの世界 【本】  開高 健 著  筑摩書房(ちくま文庫)  2009年4月発刊  ・開高健の対談集です。初出は河出書房新社から、1970年に発刊されているようです。 時代を感じさせないイキイキとした当時がよみがえってきます。 話は多岐にわたり、話の面白さから読み進めてしまいます。面白くもためになる一冊でした。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

知識ゼロからのビール(入門) 藤原ヒロユキ 幻冬舎 【本】

知識ゼロからのビール(入門) 【本】  藤原ヒロユキ 著  幻冬舎  2004年7月発刊  ・イラストレーター藤原ヒロユキさんの本、評判が良いみたいなので購入してみました。 ビールもイラストで表現されていて読みやすい本でした。 内容も非常に分かりやすく書かれていて、ビールのスタイルからグラスの選び方、おつまみなど、ビール…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ハンバーガーブック エイ出版社 【本】

別冊Lightning ハンバーガーブック 【本】  エイ出版社  2009年3月発刊  ・最近はまっているハンバーガーのムック本、お店の紹介と特集で構成されています。 一つ一つのお店に対する内容は薄いですが、数多くのお店を知るためには便利かもしれません。 今回好きなお店、「BIG SMILE」「蜂の巣」「Trust Sa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビールの教科書 青井博幸 講談社選書メチエ 【本】

ビールの教科書 【本】 著者 青井博幸  講談社選書メチエ  2003年8月発刊  ・ビールの事を詳しく知りたいのなら、本書は最初の一冊としてお薦めです。 まさに教科書的な作りで、ビールの歴史から材料、スタイルに至まで詳しく書かれています。普通の本であれば味や楽しみ方が先行しがちですが、この本はビールの知識を深めるために最…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

河は眠らない 開高 健/青柳 陽一 文藝春秋 【本】

河は眠らない 文藝春秋 【本】  著者 開高 健/青柳 陽一(写真)  文藝春秋  2009年2月25日発刊  ・「河は眠らない」のフォトエッセイです。 帯には「最後の未公開写真 開高健没後二十周年記念刊行」とあります。DVDは昨年発売されましたが、この本もやっと復刻されました。 写真で見るとまた違った感動がよみがえるま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンゴル大紀行 開高健 高橋昇 朝日文庫 【本】

モンゴル大紀行 【本】  開高健 著  高橋昇 写真  朝日文庫  2008年10月30日発刊 1,000円  ・この本は角川書店「開高健のモンゴル大紀行 ゴルバンゴル-三つの河」(1992年)を再構成・再編集したものとあります。また、1987年2月、1987年9月にTBSで放映された「開高健のモンゴル大紀行」「続・開高健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たばこの本棚 5つの短篇と19の随想 開高健 編 ぶんか社文庫 【本】

たばこの本棚 5つの短篇と19の随想 【本】  開高健 編  ぶんか社文庫  2008年10月20日発刊 460円  (1979年 たばこの本棚5つの短篇と20の随想(青銅社)を文庫化したもの)  ・現代は禁煙が主流を占め、愛煙家は肩身の狭い思いをしていることと思います。 こういったタバコを肯定する本は出版するのにも勇気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京蕎麦通読本 東京生活編集部 えい出版社 【本】

東京蕎麦通読本 【本】  東京生活編集部  えい出版社  2008年8月20日発刊  ・ついに蕎麦に手を出してしまい、こんな本を購入してしまいました。 東京都内の名店が97店舗載っています。各お店の歴史的な背景も載っているので、手始めのガイドブックにはちょうど良かったと思います。 【目次】 -出先の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇画 蟹工船 覇王の船 イエス小池 小林多喜二 宝島社 【本】

劇画 蟹工船 覇王の船 【本】  イエス小池 著 小林多喜二 原作  宝島社 宝島社文庫   2008年10月18日発刊  460円  ・小林多喜二 著の蟹工船・・・ブームになりました。何を今更の感がありますが、この本はちょっと違います。 この本を知ったきっかけは、竹熊健太郎さんのブログ「たけくまメモ」がきっかけです。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつうつひでお日記 その後 吾妻ひでお 角川グループパブリッシング 【本】

うつうつひでお日記 その後  吾妻ひでお 著  角川グループパブリッシング  2008年9月発刊  ・失踪日記の吾妻ひでおが描く日記です。2006年7月に発売された日記の続編です。 ただの日記と漫画(絵)、どーってことのない日記なのですが和みます。吾妻さんのマンガは買ってないけど、失踪日記以降の関連本はなぜか買ってしまうの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ピカソはほんまに天才か 開高健 中公文庫 【本】

ピカソはほんまに天才か 【本】  開高健 著  中公文庫  ・開高健のエッセイ集です。本の題名はその一説からとった物。 それぞれのエッセイは色々な雑誌などに発表されたもので、それを集めて一冊に構成されています。 開高健の体験・考えを文章をとおして知ることが出来ます。共感・驚き・・・楽しめる一冊でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか スーザン・A.クランシー 早川書房 【本】

なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか 【本】  スーザン・A.クランシー 著  林雅代 著  早川書房  ハヤカワ文庫  2006年8月31日発刊  ・この本は、けっしてUFOやエイリアンの話ではありません。人の精神に深くつっこんだ本です。 なぜ人がエイリアンに誘拐されたと思うのか?人は空白の記憶を再構築し、それを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more